リハビリテーション科

リハビリテーションとは

整形外科領域で行われるリハビリテーションとは、病気やけが、手術などによって日常生活動作に支障をきたすようになった患者さまに対して、医学的な取り組みによって、心身機能を回復、維持、強化などを図る運動器リハビリテーションになります。

運動器リハビリテーションは、運動器(骨、筋肉、神経、関節など)の障害に対して行われるもので、理学療法、作業療法、義肢・装具療法といったものが行われます。当院では、在籍する理学療法士による理学療法(運動療法、物理療法)が中心になります。

理学療法士は、医師の指導のもと、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、あるいは障害の悪化予防を防ぐことを目的に患者さまに対して運動療法や物理療法を実践する国家資格を有す専門職です。リハビリを行う際は、患者さまの体の基本的な機能の回復をサポートしていきます。

以下のような症状がある方はリハビリテーションをお勧めします

  • 首や肩が痛い
  • 腕が上がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • けがで体がよく動かない
  • 体を動かすと痛みがはしる
  • 手術後のリハビリテーション
など

理学療法について

理学療法には運動療法と物理療法の2つがありますが、共に日常生活で必要とされる動作能力を回復させる内容となります。整形外科疾患では、運動機能の低下とそれに伴う活動性の低下で廃用症候群(体力低下、筋委縮、関節拘縮 など)が起きやすく、これを予防するのが運動器リハビリテーションになります。その際に行われる治療が理学療法になります。運動療法と物理療法の特徴は次の通りです。

運動療法は、運動によって身体・運動機能を改善・回復させる内容になります。運動器リハビリテーションで行われるプログラムとしては、関節可動域訓練、筋力増強訓練、持久力訓練、運動協調性訓練、歩行訓練などが挙げられます。これらを地道に繰り返していくことで、患者さま自身にあるとされる自然治癒力が高められるようになって、痛みや違和感などの症状が軽快していくほか、機能の回復なども図られるようになります。

物理療法は運動療法の補助的な役割として用いられ、温熱、電気、水などの物理的なエネルギーによる刺激によって、生体反応を引き起こし、それを利用して身体・運動機能の改善を図っていきます。

スタッフ募集
整形外科しのはらクリニック
047-333-4086
住所
〒272-0021
千葉県市川市八幡6-4-6
院長
篠原 恵
診療科目
整形外科・リハビリテーション科
最寄り駅

【徒歩】
JR総武線「本八幡駅」徒歩14分
都営新宿線「本八幡駅」徒歩12分
京成線「京成八幡駅」徒歩10分

【バス】
本八幡駅・京成八幡駅から本11・12・13・14・15・16系統バス「八幡六丁目バス停」下車徒歩3分
本八幡駅バス停時刻表はこちら
京成八幡駅バス停時刻表はこちら

駐車場
敷地内専用駐車場4台
あいケア薬局駐車場2台利用可能
提携駐車場あり(詳細はこちら
施設指定
労災保険指定医療機関
難病指定医療機関
被爆者一般疾病医療機関
生活保護法指定医療機関
…9:00-13:00
休診日:日曜・祝日
診療時間 日祝
9:00-12:00
15:00-18:00